過払い問題の解決はプロに依頼|無料相談もあるから安心

法律

借金を整理する

計算方法は

弁護士

自分が借金を背負っていた場合、それが長期にわたっていると過払い金が発生していることがあります。これは特に利息制限法が制定される2010年以前に発生した借金に多く、それまでは年利29.2%を越えなければ良いと言うルールしかなかったためです。現在は年利15%から20%までと決められており、そのまま29%に近いグレーゾーン金利のままで支払を行っていた場合、過払い金が発生し、その返金を求めることが出来ます。これは小さな貸金業者から借りた場合だけでなく、大手でも行われている場合もあり、大手だからと言って安心はできません。この過払い金の返金のための計算方法は引き直し計算という方法で求めることが出来ますが、正確に求めることは難しいため、専門家に依頼することを勧めます。

請求する際の注意点

過払い金が近頃では問題視され始め、これを取り扱う弁護士事務所や司法書士事務所も多くなり、これを行う人は今でもたくさんいます。ですがこの過払い金請求は行う際に注意しなければいけない点がいくつかあります。まずは借りた業者が大手であるかどうかです。借りた業者が中小企業であると過払い請求が成功する可能性は低く、大手であれば成功する可能性は高いと言われています。その理由としては不景気による倒産などで会社そのものがなくなってしまい、請求先そのものが無いということもあるからです。また気を付けなければいけないのが、無料相談や着手金無料の事務所を利用する場合です。このような場合自分で必要な手続きを行ったり、書類を請求しなければならないことが多く、少し高いお金を払っても不備の無いよう、全て手続きを行ってくれる業者を探しましょう。